養毛剤の利用をおすすめする理由

薄毛に悩む人たち

髪の毛が薄くなって悩んでいるのは男性ばかりかと思っておりましたが、最近は女性でも薄毛に悩んでいる方が増えているようです。長寿化が1つの原因になっていることもありますが、そのほかにもいろいろな原因があります。

 

男性にとって最も恐いのは「AGA(男性型脱毛症)」といって、男性ホルモンであるテストステロンの分泌が関係した頭髪の病気で、早い人だと10代の終わりごろから始まる脱毛です。この病気にかかると、かっては「ハゲル」のをとめることができないなどと言われておりましたが、最近は医薬品で改善されるようになりました。

 

病気が関連するその他の脱毛症では、内科的なものとしては、甲状腺機能低下症・糖尿病などのホルモン異常・肝硬変などの肝臓病・高度の貧血・思春期拒食症などがあげられます。また、抗がん剤による副作用から脱毛したり、精神的なストレスから円形脱毛症になったりすることはご存知の通りです。

 

これらの病気による脱毛症は、病気が回復すれば毛髪も取り戻すことができます。

 

一番気をつける必要があるのは、日常生活がもたらす「抜け毛・薄毛」です。和食から欧米型の脂肪を中心とした食生活への移行や便利になって運動量が少なくなるなど生活習慣の変化が抜け毛や薄毛の大きな要因になっています。

 

自分の家系はAGAの人がいないのに抜け毛や薄毛が気になりだしたら、当面は養毛剤を使いながら予防に努めるとともに原因となると思われることを突き止めることをおすすめします。

 

薄毛になりやすい生活習慣をチェック

「過度にアルコールを摂取していないか」
「脂っこいものばかり食べていないか」
「無防備で頭髪を紫外線にさらしていないか」
「不規則な生活や睡眠不足になっていないか」
「喫煙もしくは受動喫煙していないか」
「頭髪を不潔またはシャンプーで洗いすぎていないか」
「運動不足でメタボの傾向がないか」

 

など、いろいろなことが抜け毛や薄毛の原因になります。思い当たることがあったら極力避けるようにします。

養毛剤は薬事法上は化粧品に分類されておりますので、医薬部外品に分類されている育毛剤より副作用が少なく、毛髪に栄養を与えることが主眼ですから安心して使用できます。

 

「育毛剤」や「養毛剤」や「発毛剤」などにはどのような違いがあるのでしょうか

「養毛剤」と「育毛剤」といわれても違いがよくわからないという人が多いのではないでしょうか。実は「薬事法」という薬の製造や販売について規制する法律では「養毛剤」は化粧品、「育毛剤」は医薬部外品として明確に区別されているのです。

 

2001年の薬事法改正によって、化粧品はそれまであった承認制度が廃されて全成分表示制度に変更されることになりました。これによって以前化粧品の製造や販売のために必要だった厚生労働大臣の承認が不要になり、その代わりとして化粧品にどのような成分が使われているのかを化粧品の製造や販売の際にはすべて表示するということになりました。この時にその表示を見て消費者は自分に合っているかどうかを判断することになるのですが、化粧品については一般に副作用などの強い成分は含まない場合が多いです。

 

薬事法において化粧品と医薬品の中間的な位置に置かれているのが医薬部外品です。医薬部外品は医薬品と比較すると作用が緩やかなもので、人体に対して予防的な効果も含めて何らかの改善的な効果をもたらすものとなります。これは直接人間が摂取するものだけでなく適当な場所に置くタイプの防虫剤やスプレー式の殺虫剤なども含みます。育毛剤については薬事法の第2条第2項において「脱毛の防止、育毛または除毛」を目的とするものは医薬品の範疇とされていますから、これによって育毛剤については医薬部外品とされることになるのです。

 

医薬部外品について製造や販売を希望する業者は「医薬部外品製造販売業許可」をとらなくてはなりません。また日本国内の製造所の場合には「医薬部外品製造業許可」をとることも必要となります。これらの許可を受けるためには省令等で定められた厳しい基準をクリアしなければなりませんので、医薬部外品は化粧品よりもハードルが高いということになります。医薬品や医薬部外品や化粧品など、直接人体に対して使用されるものについては副作用の可能性もあるために法律で厳しく規制されているのです。特に規制が強いのは医薬品で次は医薬部外品、比較的規制が緩やかなのは化粧品ということになります。

 

なお、一部に「薬用」の言葉が使われる養毛剤がありますが、これについては医薬品または医薬部外品に該当するものとなります。

 

養毛剤とはそもそもどのようなものなのでしょうか

養毛剤とは?

最近は頭髪の悩みを抱えた人が多いせいか、テレビや新聞などを見ていると毎日のようにコマーシャルなどで毛髪用商品の宣伝を見かけます。宣伝などでは「育毛剤」や「養毛剤」や「発毛剤」などという用語をよく見かけるのですが、これらの実際の違いについては明確に理解している人も少ないのはないでしょうか。

 

これらについて口コミなどの評判を見てみると効果が一番緩やかなのが「養毛剤」で、効果が中間的なのが「育毛剤」、効果が強いとされるのが「発毛剤」ということになるようです。ですがこれらの使い分けは厳密なものではなく、いずれについても名称と効果には直接的な関係はないようです。

 

「養毛剤」とはそもそもどのようなものなのでしょうか。医薬品など人体に直接用いるものについては副作用の問題などもありますから、薬事法という法律によってその商品の目的や作用などにより厳密に分類が行われています。

 

この薬事法において「養毛剤」は化粧品に分類されるのです。2001年の薬事法の改正以前は化粧品については化粧品種別許可基準に適合しないものは厚生労働大臣の承認を受けることが必要でした。しかし改正後は徹底した消費者への情報開放をすることを目的とした全成分表示制度を取り入れて、従来の承認制度は不要で市場には販売名の届出のみで出荷してよいということに変更されました。

 

つまり「養毛剤」は安全性の高い商品であるため販売のための許可などは必要ないという位置づけなのです。このような立場にありますから「頭皮や頭髪を健康に保つために、頭皮や頭髪に潤いや栄養成分を与えること」が「養毛剤」の主な目的となっているのです。

 

女性用養毛剤の評判や口コミについて

男性の場合、薄毛や脱毛の原因の95%が「AGA(男性型脱毛症)」と言われております。AGAは文字通り訳しますと「男性ホルモン型脱毛症」ですので、男性ホルモンに関係があり、また、家系の遺伝子にも密接な関連がありますので、かっては「ハゲ」になるのを防ぐことができないなどと言われておりましたが、フェナステリド(プロペシア)やミノキシジル(日本ではリアップ製品)などが開発され、多くのAGA患者の方がその恩恵を受けております。

 

一方、女性の場合は、男性ホルモンが強すぎて薄毛・脱毛になる方もいますがそれほど多くはありません。加齢・生活習慣・食習慣・仕事や育児などのストレス・喫煙・アルコール・無理なダイエットなどさまざまな要因が女性の髪の毛に影響を及ぼしていると指摘されております。

 

薄毛や抜け毛が増えて気になりだしたら、このような要因を突き止めて改めることが近道ですが、対症療法として養毛剤を使うことも効果があります。そこで、化粧品の分野で扱われている養毛剤を調べてみましたが、種類はごく少数で、薄毛・抜け毛に効果があると評判の商品は大部分が医薬部外品もしくは医薬品の扱いになっておりました。

 

化粧品としての養毛剤で評判が良かったのは、私がネットで調べた限りでは、「ヘアアクセルレーター」で「レモンライムの香り」と「フローラルの香り」の2種類、男女兼用の
「ブラック加美乃素NEO 無香料」などでした。

 

その口コミや評判を見てみますと、
「このヘアアクセルレーターを使用し始めてから1ヶ月で3.5cmまで伸びました。 一般的に髪の毛は1ヶ月に1〜1.5cm位伸びると言われていますので、効果はあったんだと思います。」

 

「評価が高かったので興味本位で一本買いました。まだ効果は分かりませんが、使い始めてから髪がさらっさらです。癖っ毛なので助かります。個人差はあると思いますが、買ってよかったなーと思いました!フローラルの香りもすごくいいにおいです。」

 

など良い評価が寄せられていました。

人気養毛剤ランキング

チャップアップの公式ページへ


価格・容量

区分

男女使用

7,400円(120ml)

育毛剤

チャップアップの公式ページへ



M1育毛ミストの公式ページへ


価格・容量

区分

男女使用

9,800円(200ml)

育毛剤

M1育毛ミストの公式ページへ




ブブカの公式ページへ


価格・容量

区分

男女使用

12,600円(120ml)

育毛剤

ブブカの公式ページへ